でんすけすいか、おいしい当麻米の当麻農業協同組合です。

当麻農業協同組合の特産品写真
HOME > 当麻農業協同組合 > ミニディスクロージャー

当麻農業協同組合概要

ミニディスクロージャー

JA当麻をご利用いただいている皆様へ2020年度の決算内容をお知らせします。

決算内容

皆様の温かいご支援、ご愛顧により、当JAの決算は上記の内容となりました。
また、過去5年間の当JAの業績の推移は下記のとおりです。

利益の5年間の推移
(単位:百万円)

 

2017年
1月末

2018年
1月末

2019年
1月末

2020年
1月末

2021年
1月末

貯金残高

16,662

16,958

16,855

16,857

17,644

貸出残高

2,679

2,290

2,409

2,505

2,429

経常利益

49

59

48

63

39

当期利益

43

53

48

64

39

自己資本比率の高さが経営の健全性を証明しています。

自己資本比率

自己資本比率は、経営の健全性を示す指数の一つで、金融機関の規模に対し元手のお金がどれだけあるかを表し、 金融機関が自己責任を果たすための「体力」を示す重要な指数です。比率が高いほど健全な財務体質であるといわれており、 自己資本比率の国内基準が「4.0%」であることから考えても、当JAの経営内容の充実が、おわかり頂けると思います。